教室案内

教授からのご挨拶

当教室は、がん医療・治療学の教育指導体制の基盤となり、卒前・卒後と連続したがん専門医育成を使命として、平成24年10月に開設されました。平成25年4月からは、診療体制も整備され、がん領域の教育・診療・研究体制が整いました。消化器、胸部悪性腫瘍、血液悪性腫瘍等の化学療法、放射線治療および緩和医療を、より適切にかつ専門的に提供することを目的とし、若手医師の育成を兼ねながら診療・研究活動を行う教室です。

当教室の使命

研究探究心を有するがん専門医育成を使命とします。特に腫瘍内科医、放射線治療医および緩和医療に幅広く精通する医師の育成を目指します。担癌患者のがん治療を広い見地から診療できる医師、一般内科医としての素養を身につけ、腫瘍学全体を見定める力量と専門性を兼ね備えた臨床医が目標です。
一方で、単一の診療科のみのがん診療や指導体制では、臓器横断的ながん治療の視点に偏りが生じます。各診療科からのローテイト研修も受け入れ、広い観点から治療を検討する研鑽の場を提供することも当教室の重要な使命と考えています。

当教室の基本姿勢

多彩ながん種の治療を経験すること(general oncologist)、研究的探究心を持つこと(academic oncologist)がモットーです。また、他のがん種を経験することでさらにいままで自分の専門性を伸ばすことを目指す医師(specialized oncologist)にとっても当教室での研鑽は貴重な経験になると確信しています。また家庭の事情等を有する女性医師にとっても通院治療の業務を扱うなど、勤務体制を多様に選択でき、教室として支援もできます。化学療法・放射線治療医・緩和医療の専門医師はどこでも引く手あまたで、就職先に困ることはありません。必ず自分を生かせる、興味を抱ける領域そして貴重な研修時間を提供できる教室と考えています。
がん治療に興味のある若手医師諸君、自分の専門外のがん治療を経験したい方、通院治療室のみでも担当してくれる女性医師の方、信州の環境を好きな方、当教室で学ぶことをお待ちしています。我々ともに、21世紀のがん治療をリードしましょう。

信州大学医学部 包括的がん治療学教室 教授 小泉 知展

研究テーマ

1)化学療法

  • 肺癌に対する化学療法、局所進行非小細胞肺癌に対する新たな化学・放射線併用療法、縦隔腫瘍に対する化学療法など、教室独自ないしは、多施設共同研究へ参画しながら臨床研究の推進。
  • 非小細胞肺癌や、胸腺癌などの生物学的特性と治療効果予測の検討。
  • NK細胞リンパ腫・白血病および顆粒リンパ球増多症などの病態解析。
  • 多発性骨髄腫に対する新規薬剤の有用性の検討。

2)放射線治療

  • 頭頸部、食道、肺、子宮頸がん等の局所進行病変を対象に、同時化学放射線療法により治療強度を高めて根治および治癒率の向上を図る臨床研究の推進。
  • 体幹部定位照射、強度変調放射線治療などによる高い精度で放射線照射を行うことにより、有害反応の軽減と治療成績の解析研究。

3)緩和ケア

  • 骨転移によるがん性疼痛に対する放射線療法と早期緩和ケア介入の有効性の検討
  • 緩和ケアにおけるリハビリ、マッサージ、アロマセラピー、音楽療法、鍼治療等の有用性の検討
  • 地域と大学を結ぶ緩和ケアシステムの構築

4)樹状細胞免疫ワクチン療法

  • 当院の先端細胞治療センターと協同で肺がん、乳がん、胃がん、大腸がん、膵臓がんに対する本治療法の有用性を検討。