研修医・学生の皆様へ

研修案内

  • 当教室のホームページを訪れて頂きありがとうございます。私たちの教室は、「包括的がん治療学」、病院での診療科としては「信州がんセンター」と呼称しています。現在、多くの大学では診療細分化が進み各専門分野単位の教室となっていますが、当教室は臓器横断的にがん治療(化学療法、放射線治療および緩和医療)を提供できるように教育・診療体制を整えました。多くのがん種の治療に当たり、学生および研修医にとってがん治療をめざすGeneralistかつSpecialistを目指すための教育・指導体制をとっています。

  • 教室の第1の研修目標は十分な医学的知識・技量と真の「癒しの心」を持って患者さんに信頼されるがん医療を行うことにあります。癒すのは「病」ではなく、「病に苦しむ人」であることを十分に理解した人間性に優れた医師を養成することを目標としています。さらに、腫瘍内科の専門医(がん薬物療法専門医取得)ないしは緩和医療の専門医取得を目指す医師に関しては、集中的かつ効率的に症例蓄積と臨床研鑽をさせるようにし、早期取得を目指すようにします。また、当科の特徴として、短期研修も受け入れています。これは外部の病院から専門的ながん治療を学びたい医師や、大学内の他診療科に所属する医師が、自分の専門外のがん治療を経験したい、緩和医療を学びたいといった医師を対象に受け入れを行っています。そういった先生方の経験談なども当教室のサイトに掲載していますのでご参照頂き、お気軽にご相談ください。
  • 一方で、専門医取得のみならず基礎ないしは臨床研究にて博士号獲得(大学院進学)を目指す医師には各自その研究テーマを決め、指導していきます。基礎研究に加えて、患者さんのデータを整理して将来の治療に結びつける臨床研究も非常に重要であり、あらゆる分野における臨床研究を当科は積極的に行っています。また、多施設共同臨床研究のテーマを自ら立案することもあれば、全国規模の多施設臨床研究にも協力研究機関として多くの研究に参加しています。こういった手法の臨床研究の一端にも触れることができます。

研修医の日常と目標

  • 当科で扱う疾患は、胸部および消化器悪性腫瘍、血液疾患(悪性リンパ腫、多発性骨髄腫など)、頭頸部悪性腫瘍、および各種肉腫や原発不明がんなどを扱っています。 毎朝のカンファレンスで、受け持ち患者のプレゼンテーションを行い、病態の把握および診断・治療方針の組み立て方について論理的思考の構築や問題点の抽出を行いながら研鑽を積みます。その後指導医を交えた診療行為を通じて知識経験を深めます。

  • また、通院治療室で外来患者の診察・治療も重要な研修の場と位置付けています。外来という医療面接や身体所見で見落としなく患者の診療にあたる研鑽も重要だからです。夕方には他科との症例カンファレンスを通じて患者情報の共有やより適切な治療へのアドバイスの意見交換ができるよう指導しています。 当科では、専門医修得に必要な基本的な手技、中心静脈カテーテル挿入、胸水・腹水穿刺やドレナージチューブ挿入、骨髄穿刺、腰椎穿刺といった手技は日常盛んに行っています。また、疼痛管理用の神経ブロック等も経験・研修可能です。よって当科で経験できる医療手技は、特別他の臓器専門領域と遜色ないと思ってください。

教室の目指す医師像

  • 単に症例をこなすのではなく、しっかりとした病歴の聴取と身体所見の把握が重要であり、得られた情報から何を考え、どのように鑑別診断を行い、対処するかという基本姿勢を学べるように指導しています。当科では、がん薬物療法および緩和医療の基本を学習・指導しながら担癌患者に対して総合内科的な立場で内科的マネージメントの習得を目指しています。時により高度な専門的医療が必要とされる症例に遭遇した場合、専門医へ適切なコンサルトができるように指導しています。

  • 研修医には一つ一つの症例を丁寧に診て、疾患の本質を究めていく体験を通して興味を深めるとともに、責任をもって担癌患者を最後まで診る厳しさを体験してもらいたいと考えています。
  • これからの皆さんにとって、新・内科専門医制度はこれまでに比べて大きく変わります。当大学病院もこの新制度にもいち早く対応しており、新・内科専門医資格を円滑に取得してもらうために、関係する学内の内科学教室などと密接に連携して、効率的でかつ柔軟なプログラムを工夫しています。
  • 腫瘍内科および緩和医療は一般市中病院でも多くの症例の経験をできるとは思いますが、大学病院では指導スタッフが充実し、また研究体制も整っており、ここでしか学べないこと、経験できないことが数多くあります。当科のスタッフは「リサーチマインドを持った若手医師を育てることが何よりも大切である」という考えのもと、若いドクターを指導しています。教室の姿勢に共感していただけるできるだけ多くの方々に加わっていただきたいと思いますのでお気軽に見学またはメールなどでご相談下さい。
  • 研修希望の方はこちら

女性医師の皆様へ

  • 当教室には多くの女性医師がスタッフおよび教室員として活躍しています。それぞれのライフサイクルに合わせて仕事を続けています。家庭や子育てをしながらでも医療に携わっており、医療活動をしています。担癌患者へのがん薬物療法や緩和医療では、女性ならではのきめ細かい心配りは重要です。通院治療室(外来診療)のみといった勤務体系も可能ですので、職場復帰や入局を考えている方は気軽に相談してください。
  • 研修希望の方はこちら

研修経験者の声

  •  内科学第二教室 丸山康弘
  • 私の本職は消化器内科の医師ですが、以前より腫瘍学を学びたいと思い、この度がんセンターで研修をさせていただきました。
    2012年に癌で死亡した人は360,963例であり、癌の主な臓器は1位:肺、2位:胃、3位:大腸、4位:肝臓、5位:膵臓となっています。死亡する確率は、男性26%、女性16%となっており、このデータからも腫瘍学の専門的な知識を持つことは内科医としは必須と考えられます。ですが長野県では過疎地域も多く、都会ほど多くの専門の病院がないのが現状であり、一般内科医が癌の治療を行っています。私も地域医療の現場での診療で癌患者の治療に携わる機会がありましたが、経験したこともない癌の治療を行うことは、患者にとって望ましくないと感じていました。それぞれの知識のある医師が集まり、治療から緩和医療、そして最後の時まで責任を持って一つの科として医療を提供できるのは、当院のがんセンターの魅力であると感じました。わずかな期間でしたが、癌患者と向き合うことができ、非常に有意義な経験をさせていただきました。研修を通して、お世話になったスタッフの皆様には感謝申し上げ、今後も連携して癌患者の治療にあたっていければ幸いです。
  •  麻酔科蘇生科 鈴木真依子
  • 麻酔科から腫瘍内科で2か月間研修をさせていただきました。 腫瘍内科のという科の特性上、化学療法や放射線療法に触れる機会が多くありましたが、研修医時代を含めてほぼこれらの治療を行ったことがなかったため、副作用の対応の知識の薄さを実感しました。腫瘍内科の先生方が化学療法や放射線療法副作用を予想して早めに対処している姿を目の当たりにして、日々自分の勉強不足を痛感いたしました。また、入院時から患者背景まで考えて治療を進めており、先々のことまで考えて治療を行っているのだと感じました。腫瘍内科での経験を大切にして今後の医療に取り組んでいきたいと思います。様々な経験をさせていただいた腫瘍内科の先生方、ありがとうございました。
  •  麻酔科蘇生科 丸山 友紀
  • 私は現在信州がんセンターで研修をさせていただいています。普段は麻酔科医師として手術室で麻酔業務にあたっていました。一見、がんセンターでの治療と麻酔科とは関連があまりないように思われます。しかし、がん患者さんを取り巻く問題として癌治療以外にも疼痛や不安などの諸問題が存在します。ですので、麻酔科として患者さんの疼痛を軽減し、治療や普段の生活に支障がでないようにサポートするといった関わり方をこの研修で学ぶ事ができればと考えています。2ヶ月間という短い期間ですがよろしくお願いします。
  •  長野市民病院消化器内科 多田井敏治
  • 私は、長野市民病院消化器内科で消化管、胆肝膵の悪性腫瘍を中心に診療しておりました。消化器癌も含めて、癌治療の中心は一部を除いて手術療法が主となっております。そのため、多くの癌において抗がん剤は延命効果を期待した治療といえます。
    信州がんセンターでは、様々な抗がん剤を使用しております。遺伝子の発見に伴い、新しい抗がん剤も発売されており、治療の幅が広がってきております。治療に際しては、各種ガイドラインがあり、治療はある程度一定した見解が出てきています。しかし、それらが奏功しない例や患者さんの状態や副作用が強いためガイドライン通りの治療が行えない場合があり、治療の可否を迫られる事もあります。また、抗がん剤治療に関しては担当した医師によるところが大きく、組み合わせや適切な使用方法によって患者さんの予後に大きく影響を与えると思われます。信州がんセンターでは、稀な癌種も含めてあらゆる癌の抗がん剤治療を行っております。常勤医には内科系、放射線科、緩和ケアDrがおり、毎朝のカンファレンスで使用する抗がん剤や治療方針に関して検討しております。また、各診療科とも連携しており、週1回 耳鼻科、血液、消化器、呼吸器内科のカンファレンスにも参加し治療の質を高める努力をしております。各診療科との垣根を越えた治療、連携が取れることが、腫瘍内科医にとって必要不可欠な技術と思われます。信州がんセンターの研修を通じて抗がん剤を適切な使用法を習得し、癌患者さんの生活の手助けができたらと思っております。