診療案内

診療科の概要

信州がんセンターには、腫瘍内科、放射線治療科、疼痛緩和内科の3つの診療科を有していますが、診療はすべて包括されています。頻度の高い肺癌や消化器癌を中心に、血液悪性腫瘍、頭頸部癌、原発不明癌や、その他の稀な悪性腫瘍の治療も取り扱います。がん薬物療法(化学療法)に加え、放射線治療併用による集学的治療にも力を入れています。 当科にはがん薬物療法専門医、放射線治療専門医、緩和医療専門医が在籍しており、それらの専門医取得をめざす若い医師の指導に日々努力しています。がん薬物療法に伴う副作用対策(支持療法)、遠隔転移巣への対処、インフォームド・コンセント、症状緩和療法など、原発臓器に拘わらず、臓器横断的に専門的な診療を心がけています。

放射線治療科においては外部照射、密封小線源治療(腔内照射)、ラジオアイソトープ内用療法を行っています。近年は肺癌や転移性肺腫瘍に対する体幹部定位放射線治療、前立腺癌に対する密封小線源永久挿入療法、骨転移に対するストロンチウム治療をおこなっています。またヨード内用療法は県内唯一の治療施設、前立腺癌の小線源治療は施行可能な県内2施設中の1施設です。さらに前立腺がんや頭頸部腫瘍に対して強度変調放射線治療(IMRT:Intensity Modulated Radiation Therapy)も可能で、症例数が増加しています。

疼痛緩和科では、緩和ケアセンターおよびチームの中心的立場で院内全体の緩和ケア提供に努めています。また緩和ケア外来も開設し、がんによる難治性の痛みや随伴症状にお困りの患者の診療にあたっています。当院は地域と結ぶ緩和ケアを目標としています。単なる知識の伝達でなく、地域連携を活用した病診・病病などの切れ目ないケアを行うためのネットワークづくりを目指しています。

信州がんセンターは、地域との医療連携を強化していくことをとても重要と考えています。在宅医療や在宅支援と、病院でしかできない検査や治療が相互に補完できる関係づくりを目指しており、切れ目のない地域連携が理想であると考えます。是非我々とのがん診療地域ネットワークづくりにご協力ください。

診療予定表

 
腫瘍内科
(通院治療室)
- 小泉 知展
福嶋 敏郎
関口 和 五味 大輔 小林 孝至
腫瘍内科
(南2階)
- 関口 和 - 小泉 知展 -
放射線治療科 佐々木 茂 - 佐々木 茂 - 佐々木 茂
緩和ケア外来 - 坂本 明之 間宮 敬子 坂本 明之 間宮 敬子
市民の皆様へ
  • 教室案内
  • 診療案内
  • スタッフ紹介
  • 研修医・学生の皆様へ